2017年07月22日 更新

ダイビングのコントローラーは呼吸!

無意識でしている呼吸に、ダイビング中は意識的に行うって?

イ) 呼吸をうまく使う

中性浮力をとるために呼吸が鍵になるということを、ここまでお話してきました。

初心者ダイバーの皆さんも一歩踏み込んで、積極的に呼吸で浮力をコントロールするようになれば

中性浮力を自分のものに出来るはずです。

特に押さえて欲しいのが次の2点です。

●吸い気味呼吸と吐き気味呼吸

●呼吸と浮き沈みの時間差

吸い気味呼吸や吐き気味呼吸では、呼吸のペースを意図的に調整することで、浮き沈みをコントロール

することが出来ます。

よく呼吸(肺)のトリミングと言われますが、浮力を大きくしたい時には吸い気味呼吸、浮力を小さく

したい時には吐き気味呼吸を行います。

吸い気味呼吸は肺の半分くらいまでを早めに吸い、残りの半分をゆっくりと吸います。

そして、吐く時には始めの半分をゆっくり吐き、後半半分を早めに吐きます。

これを繰り返すことで、肺に空気が入っている時間を長めにし、肺の浮力を全体的にアップさせて

やるんですね。

吐き気味呼吸はその反対。肺の半分くらいまでをゆっくりめに吸い、残りの半分を早く吸います。

そして、吐く時には始めの半分を早めに吐き、後半半分をゆっくり吐きます。

これを繰り返すことで、肺に空気が入っている時間を短くし、肺の浮力をダウンさせる狙いが

あります。

呼吸はすぐに浮き沈みに反映されるわけでは無く、大体2~3秒くらいの時間差があることにも

注意する必要があります。

ちょっと体が沈んで、浮力を補いたい時に吸い気味呼吸をしても、1,2秒はマイナス浮力状態が

続くということです。

このタイムラグを感覚でわかるようになりましょう!

どうしても最初(経験が浅い)の時は、呼吸が吸い気味になっています。

BCDジャケットにはちょうど良い空気が入っているのに、浮いて行ってしまうのはこれが原因です。

浮くからといって空気を抜いてしまうとまた沈んでしまします。

中性浮力はBCDに頼ってしまうとうまくできないことがわかります。

明日から、呼吸を意識してダイビングをしてみましょう!

ウ)浮き沈みの感覚をつかむ

水中ならではの感覚、どうすれば上手くできるようになるのか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

海で恥ずかしくないダイバーになろう!

海で恥ずかしくないダイバーになろう!

バディに恥ずかしい姿は見せられない! 自立したダイバーに必要な15スキルとは? – MSOダイビングマガジン ダイビングを安全に楽しく継続できるには、自立したダイバーになろう! ⑥水深に応じて浮力コントロール […]

| 1 view
さらに上達するために一歩差をつける方法とは?

さらに上達するために一歩差をつける方法とは?

いち早くスキルを身に付けることが大切です! 本日は、さらに上達するために一歩差をつける方法をお伝えしたいと思います。 ※宇佐美ダイビングセンター 『自分のホームゲレンデを持つ』 器材に慣れるというお話をしてきましたが、そ […]

| 4 view
誰もが知りたい中性浮力上達のコツ!-調整編-

誰もが知りたい中性浮力上達のコツ!-調整編-

短期間でとにかく潜って、経験を増やすことが重要! 中性浮力最後のコツを今回はお話ししたいと思います。 コツ4.呼吸の微調整(肺のトリミング) 大きな深度変化がある場合は、前回お話ししたBCDの操作が必要ですが、 中層であ […]

| 2 view
より早く本数を増やすコツとは?

より早く本数を増やすコツとは?

どんな遊びも最初が肝心! 始めが肝心! ダイビングは、特に始めが肝心です。スキーやスノボードでもよく聞きます。1回は行ったけど・・・・2回目は・・・・やはり、イメージと違って始めは辛いことが多くあります。当然うまくは滑れ […]

| 3 view

これが出来ないと1人前ダイバーではない?

リゾートに行く前に身に付けておきたいスキル ⑫フリー潜降、浮上ができる フリー潜降・浮上とは、ロープを掴まずに潜降・浮上スピードを中性浮力でコントロールすることです。このスキルは、中性浮力を確実にとることが必要とされます […]

| 0 view

この記事のキュレーター

y-suzuki