2024年03月17日 更新

誰もが知りたい中性浮力上達のコツ!-吸排気編-

中性浮力の状態を維持するには? さて、前回はある一定の水深で中性浮力を作り出すお話をしました。 ダイビングは水中を動き回り、その都度深度も変化します。 そこで必要なスキルが、水深に応じて浮力をコントロールし、中性浮力を維 […]

中性浮力の状態を維持するには?

さて、前回はある一定の水深で中性浮力を作り出すお話をしました。

ダイビングは水中を動き回り、その都度深度も変化します。

そこで必要なスキルが、水深に応じて浮力をコントロールし、中性浮力を維持することです!

コツ3.状況に応じて、適切にBCDを操作

ダイビング中は、中性浮力を維持するために常に一定の空気がBCDジャケットの中には入っています。

水中は圧力の影響で密閉された空間(風船など、ダイビング器材ではBCDジャケット)内の空気の

体積(量)が変化します。

簡単に言うと、深くなればなるほど、空気は収縮します。浅くなればなるほど、膨張します。

飛行機でポテトチップスの袋がパンパンに膨らんでいる原理と同じです。

つまり、BCDの吸気・排気の操作が水深の変化に応じて必要になります。

■水深が深くなる・・・・BCDに吸気する

■水深が浅くなる・・・・BCDから排気する

まずは、この操作に慣れることからスタートです。

 (190)

前回のおさらいになりますが、メインは呼吸でサブがBCDでコントロールするお話をしましたね。

■BCDの吸気と排気のタイミング

吸気のタイミング・・・・息を長めに吸っても浮かなくなったとき

排気のタイミング・・・・息を長めに吐いても沈まなくなったとき

※長めがポイント!すぐに体が浮いたり沈んだりはしません。1~2秒のタイムラグがあり、

その後浮いたり沈んだりします。

初めのうちは、どうしてもBCDですべてをコントロールしてしまい、安定せずアップダウンを繰り

返すダイビングになってしまいます。

まず呼吸でコントロール、その後BCDで調整という手順を覚えておいてくださいね☆

あと一つ注意点があります!初心者は、BCDの排気が苦手!!

空気は軽いため一番上に行く性質があります。

ですから、空気を排気するときは、排気ボタンが一番上になるように姿勢を変え、

排気しましょう!

 (192)
上に向けての排気

潜り続けるうちに操作に慣れていくので、とにかく回数を重ねて練習あるのみ!
それではまた次回(´・ω・)

関連する記事 こんな記事も人気です♪

使い慣れたホームゲレンデを持つ!

使い慣れたホームゲレンデを持つ!

潜るペースは初めが肝心! 経験本数を増やすことの重要性とは? さて、前回まで『自分の体に合った、フィットした器材に慣れる』重要性を1つ1つお伝えしました。そして並行して、『経験を増やす』ことで安全を確保してダイビングを楽 […]

| 1 view
海に影響を与えているものって?

海に影響を与えているものって?

よくある質問:Q.雨の降ってもダイビングできますかー? A.できます。 ⑬天候・風・波・流れ・透明度などを把握し、注意すべきことがわかる。 ダイビングは海という自然が相手の遊びです。海のことをしっかりと知り、理解すること […]

| 1 view
自分自身で安全を確保してダイビングを行えること

自分自身で安全を確保してダイビングを行えること

安全のあとに楽しいがやってくる! 経験を増やすといっても、何の経験を増やすことが重要なのか・・・・ ゴールは、『自分自身で安全を確保してダイビングを行えること』です。 例えば、いろいろな壁にぶち当たります。 ■ タンクは […]

| 1 view
より早く本数を増やすコツとは?

より早く本数を増やすコツとは?

どんな遊びも最初が肝心! 始めが肝心! ダイビングは、特に始めが肝心です。スキーやスノボードでもよく聞きます。1回は行ったけど・・・・2回目は・・・・やはり、イメージと違って始めは辛いことが多くあります。当然うまくは滑れ […]

| 3 view
意外と知らないダイビングの常識

意外と知らないダイビングの常識

旅行先でダイビングを楽しむためには、その前の準備が大切ですよ(´・ω・)

| 3 view

この記事のキュレーター

etakagi05