2024年03月21日 更新

自分の脚力に合っているフィン選びって?

ダイビング中に、キックしてもキックしても、進まないと思っている方へ。フィン選びのポイントをご紹介! (ⅲ)フィン フィンはダイビングで水中を楽に移動できるために必要な道具です。しかし、自分の脚力に合っていないフィンを使う […]

ダイビング中に、キックしてもキックしても、進まないと思っている方へ。フィン選びのポイントをご紹介!

(ⅲ)フィン

フィンはダイビングで水中を楽に移動できるために必要な道具です。
しかし、自分の脚力に合っていないフィンを使うと、足がつりやすくなります。

キックしてもキックしても運動量の割には進まない。それによって空気の消費量も多くなる。

例えるならば、ギアチェンジ付の自転車に乗ったことはありますか?

日頃から運動していなくて、あまり脚力に自身のない方が、6段階変速の5,6に設定し

ペダルをこぐと重くて重くて逆になかなか進めないですよね。

スポーツを普段からしていて脚力がある方が、段階変速の1,2に設定しペダルをこぐと、

今度は逆にこいでもこいでも進めません。

同じことがフィンの素材、種類によって水中でストレスを感じる原因になります。

だからこそ、自分にあったフィン選びが重要になってきます。

 (243)

種類:ストラップタイプ、フルフットタイプ

ストラップタイプは、かかとの部分がストラップになっていて、閉まり具合を調節できるタイプ。

脱着が楽なのと、ストラップで調節可能なので、ブーツが変わっても対応できます。

あと、ドライスーツでは基本ストラップタイプを使用します。

フルフットタイプは、かかとを含んだ足全体をすっぽり覆うタイプのフィンで、素足または薄手の

専用ブーツではくことが多いです。

調節ができない為、足にジャストフィットするかどうかは人によってまちまちです。

フルフットタイプ

ストラップタイプ

素材:プラスチック、ゴム、混合タイプ

プラスチック素材は、軽く持ち運びに便利でカラフルですが、一般には反発力が強く、

どちらかといえば脚力に自身のある人向きです。

ゴム素材は、柔軟性のある素材なので、キックした時のしなりも自然で、脚力に自身のない人でも

楽にキックできるものが多いです。

重量があるので、自然と足が下になるため、ドライスーツにおすすめです。

混合素材は、ゴムとウレタン素材がおすすめです。メーカー各社がそれぞれに特徴のあるフィンを

販売しています。自分の脚力に合った分だけキックでき推進力を得れるように開発しているため、

初心者から上級者まで幅広く対応しているところがおすすめです。

結局見た目や値段だけで購入してしまうと、ストレスを解消できるどころがお金を払ってストレスを

購入していることと同じになります。

特にフィンは水中世界を移動するための道具ですから、非常に重要な役目を果たします。

自分の脚力に合ったフィンを選びましょう★☆

器材メーカー TUSA フィン

器材メーカー TUSA フィン

しなやかで軽やかな取り回し。高い推進力を発揮する3素材複合のハイブリッドフィン。
ウエットスーツにおすすめ。

via www.tusa.net

器材メーカー GULL フィン

器材メーカー GULL フィン

ラバー性能を最大限まで引き出すことに成功。
ドライスーツにおすすめ。

via gull.kinugawa-net.co.jp

関連する記事 こんな記事も人気です♪

グローブ、ブーツの役割は?

グローブ、ブーツの役割は?

水中は陸上よりも体温が25倍早くうばわれる環境 (ⅳ)ブーツ、グローブ ■必要性 : 保温と保護のために必要な道具です。 この器材で多大なるストレスを感じることはないですが、保護するための道具なのに、 レンタルでは軍手の […]

| 1 view
ウエットスーツの役割は?真夏でも伊豆の海では、寒さを感じることも!

ウエットスーツの役割は?真夏でも伊豆の海では、寒さを感じることも!

ダイビングをストレスなく快適に楽しむために、寒さ対策はマスト! ダイビング用のスーツは、ウエットスーツとドライスーツの2種類です。分かりやすく言うと、ウエットスーツは夏用・南国リゾート用、ドライスーツは冬用・日本用です。 […]

| 4 view
ドライスーツで潜ると、中性浮力がうまくなるって本当?

ドライスーツで潜ると、中性浮力がうまくなるって本当?

ドライスーツはBCDジャケットと同じ操作が必要! ドライスーツの浮力調整 自分の体を測って作るスースは、快適です。ただ、ウエットスーツとは違って、ドライスーツはスーツ内に空気を吸気、また排気する調整作業が必要になります。 […]

| 8 view
マスクに水が入りにくくするには?

マスクに水が入りにくくするには?

マスクは水中で視界を得るために必要な器材 ダイビングの器材は、大きく3つに分けることができます。 1.軽器材 2.スーツ 3.重器材 まず、軽器材についてお話ししていきたいと思います。 やはり陸上とは違って水中という環境 […]

| 2 view
スノーケルの水を抜きやすくするには?

スノーケルの水を抜きやすくするには?

スノーケルは、水面で顔をつけながら息を吸うために必要な器材 (ⅱ)スノーケル ■必要性:水面で顔をつけながら息を吸うために必要な道具です。 ■ストレス:スノーケル内に水が入ってきやすい、また入ってきた水が抜けにくい。 特 […]

| 1 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

etakagi05