2024年03月22日 更新

グローブ、ブーツの役割は?

水中は陸上よりも体温が25倍早くうばわれる環境 (ⅳ)ブーツ、グローブ ■必要性 : 保温と保護のために必要な道具です。 この器材で多大なるストレスを感じることはないですが、保護するための道具なのに、 レンタルでは軍手の […]

水中は陸上よりも体温が25倍早くうばわれる環境

(ⅳ)ブーツ、グローブ

■必要性 : 保温と保護のために必要な道具です。

この器材で多大なるストレスを感じることはないですが、保護するための道具なのに、

レンタルでは軍手の場合もあります。

あとは、いろいろな方が使用したものですから衛生的に・・・・という方もいらっしゃいます。

やはり自身のものが快適ですね!!

■選び方 : ブーツ・グローブ共に自分自身のサイズにフィットするものを選びましょう。

グローブ
ブーツ

ⅴ)メッシュバック

■必要性 : すべてのダイビングを道具を収納し、コンパクトにまとめるための道具です。

■選び方 : 容量の大きいものを選びましょう。

メッシュバッグ

ダイビングセンターでは手ぶらで潜れる!

器材総重量約15kg、キャリーバックも相当大きなものを転がして、朝から電車で運ばなければいけない。
帰りは、水を含んでいるのでさらに重量は増して、18kgを超えます。
疲れているところさらに激重に。
往復郵送した場合、約3,000円かかります。

でもご安心ください!宇佐美にて皆様の器材をお預かりいたします!
お客様専用の器材ボックスをご用意し、倉庫にて管理・お預かり致します。
スーツはダイビング当日に完全に乾かないため、翌日もスタッフが乾かします。
ご予約があれば、器材ボックスとスーツはすぐに準備させていただきます。
当店へのお客様の行き帰りをより快適にすることを保証します! 

器材お預かり:3,300円 / 月

お申込みはこちら!

器材倉庫のご利用開始の際は上記のボタンから決済して頂き、完了した日からお預かりが可能です。
ご利用を終了する場合は一度当店にご連絡ください。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

スノーケルの水を抜きやすくするには?

スノーケルの水を抜きやすくするには?

スノーケルは、水面で顔をつけながら息を吸うために必要な器材 (ⅱ)スノーケル ■必要性:水面で顔をつけながら息を吸うために必要な道具です。 ■ストレス:スノーケル内に水が入ってきやすい、また入ってきた水が抜けにくい。 特 […]

| 1 view
マスクに水が入りにくくするには?

マスクに水が入りにくくするには?

マスクは水中で視界を得るために必要な器材 ダイビングの器材は、大きく3つに分けることができます。 1.軽器材 2.スーツ 3.重器材 まず、軽器材についてお話ししていきたいと思います。 やはり陸上とは違って水中という環境 […]

| 2 view
自分の脚力に合っているフィン選びって?

自分の脚力に合っているフィン選びって?

ダイビング中に、キックしてもキックしても、進まないと思っている方へ。フィン選びのポイントをご紹介! (ⅲ)フィン フィンはダイビングで水中を楽に移動できるために必要な道具です。しかし、自分の脚力に合っていないフィンを使う […]

| 3 view
ウエットスーツの役割は?真夏でも伊豆の海では、寒さを感じることも!

ウエットスーツの役割は?真夏でも伊豆の海では、寒さを感じることも!

ダイビングをストレスなく快適に楽しむために、寒さ対策はマスト! ダイビング用のスーツは、ウエットスーツとドライスーツの2種類です。分かりやすく言うと、ウエットスーツは夏用・南国リゾート用、ドライスーツは冬用・日本用です。 […]

| 4 view
ドライスーツで潜ると、中性浮力がうまくなるって本当?

ドライスーツで潜ると、中性浮力がうまくなるって本当?

ドライスーツはBCDジャケットと同じ操作が必要! ドライスーツの浮力調整 自分の体を測って作るスースは、快適です。ただ、ウエットスーツとは違って、ドライスーツはスーツ内に空気を吸気、また排気する調整作業が必要になります。 […]

| 8 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

etakagi05