2024年03月22日 更新

ウエットスーツの役割は?真夏でも伊豆の海では、寒さを感じることも!

ダイビングをストレスなく快適に楽しむために、寒さ対策はマスト! ダイビング用のスーツは、ウエットスーツとドライスーツの2種類です。分かりやすく言うと、ウエットスーツは夏用・南国リゾート用、ドライスーツは冬用・日本用です。 […]

ダイビングをストレスなく快適に楽しむために、寒さ対策はマスト!

ダイビング用のスーツは、ウエットスーツとドライスーツの2種類です。
分かりやすく言うと、ウエットスーツは夏用・南国リゾート用、ドライスーツは冬用・日本用です。

(ⅵ)ウエットスーツ

ウエットスーツ

■■必要性■■

水中にて体を保温・保護のために必要な道具

■■ストレス ■■

体のサイズよりも小さいスーツだと、脱着が非常に苦労し、水中では締め付けを感じ息苦しくなる。体のサイズよりも大きいスーツだと、水中での保温力が低くなり、寒さを感じやすくなる。

環境が変われば着るものも変わります。また、その環境に適応していないウェアーを着用すると
非常に耐えがたいストレスを感じてしまいます。
例えばスキースノーボードでは、雪山に行くため防水、防風対応のウェアーを着ます。
消防士さんは火に強い防火服を着て作業をします。
水中は、陸上(空気)よりも体温が20倍も早く奪われていく環境です。
いかに体温が奪われないようにするかがスーツの役目です。
体温が奪われていき寒いと感じてしまったら、その後のダイビングは全く楽しめません。
自分の体に合ったスーツを着用することが重要です。

ウエットスーツ 選び方

5mmワンピースタイプ 

長袖、長ズボンのいわゆる「つなぎ」型のウエットスーツ。

「フルスーツ」とも呼ばれ最も一般的なタイプです。
5mmは国内で一番ポピュラーで、使用できるシーズンも3mmよりは長いです。
伊豆半島で主にダイビングをする場合は、8~9月がウエットスーツの時期になります。

裏起毛素材 : スーツの生地は、ゴム(保温性を高めるため生地中に無数の気泡が入っている

スポンジ状のゴムで、ネオプレーンゴムといい、伸縮性に富んでいますが、水は通さない)の表裏
両面にジャージが貼ってあります。破れにくく耐久性があり、カラフルで最も一般的です。
裏地が起毛生地のスーツがあります。これは、通常のジャージよりも保温性が非常に高いので、
裏起毛素材のスーツがおすすめです。

 (257)

オーダーメイドで作る

既製品よりも、オーダーメイドスーツのほうがフィット感が当然すぐれて
います。
男性32か所、女性34か所採寸します!
スーツ1つでその日のダイビングの快適さが大きく左右されます。
魚を見たり、景色を見たり、のんびり漂ったりと非現実的な世界に遊びに行くはずだったのに、
寒さを感じてくると早く上がりたくて仕方がなくなります。
自分の体に合ったスーツを作ってダイビングをスタートしましょう!

スーツメーカー モビーズ ウエットスーツ

スーツメーカー モビーズ ウエットスーツ

フルサイズオーダー、メイド・イン・ジャパン。
スーツの種類、カラーバリエーションも豊富。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

マスクに水が入りにくくするには?

マスクに水が入りにくくするには?

マスクは水中で視界を得るために必要な器材 ダイビングの器材は、大きく3つに分けることができます。 1.軽器材 2.スーツ 3.重器材 まず、軽器材についてお話ししていきたいと思います。 やはり陸上とは違って水中という環境 […]

| 2 view
ドライスーツで潜ると、中性浮力がうまくなるって本当?

ドライスーツで潜ると、中性浮力がうまくなるって本当?

ドライスーツはBCDジャケットと同じ操作が必要! ドライスーツの浮力調整 自分の体を測って作るスースは、快適です。ただ、ウエットスーツとは違って、ドライスーツはスーツ内に空気を吸気、また排気する調整作業が必要になります。 […]

| 8 view
スノーケルの水を抜きやすくするには?

スノーケルの水を抜きやすくするには?

スノーケルは、水面で顔をつけながら息を吸うために必要な器材 (ⅱ)スノーケル ■必要性:水面で顔をつけながら息を吸うために必要な道具です。 ■ストレス:スノーケル内に水が入ってきやすい、また入ってきた水が抜けにくい。 特 […]

| 1 view
グローブ、ブーツの役割は?

グローブ、ブーツの役割は?

水中は陸上よりも体温が25倍早くうばわれる環境 (ⅳ)ブーツ、グローブ ■必要性 : 保温と保護のために必要な道具です。 この器材で多大なるストレスを感じることはないですが、保護するための道具なのに、 レンタルでは軍手の […]

| 1 view
自分の脚力に合っているフィン選びって?

自分の脚力に合っているフィン選びって?

ダイビング中に、キックしてもキックしても、進まないと思っている方へ。フィン選びのポイントをご紹介! (ⅲ)フィン フィンはダイビングで水中を楽に移動できるために必要な道具です。しかし、自分の脚力に合っていないフィンを使う […]

| 3 view

この記事のキュレーター

etakagi05